飛距離を伸ばしたい!

年齢・性別・腕力・身体能力にかかわらず飛距離を伸ばす

「飛距離が伸びればもう少しスコアも良くなるのに・・・」「とりあえず今より30yぐらい飛距離を伸ばしたいな・・・」と、あなたも飛距離を伸ばせる方法を日々探しているのではないでしょうか?
「ゴルフは飛距離じゃない」などとよく言われますが、やはり飛ばない人よりも飛ぶ人の方が有利になるというのは事実です。

 

このように飛距離を伸ばしたいということを考えているのであれば、おすすめのDVDがあります。
安楽拓也究極のゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory”をおすすめいたします。

 

 

現役のドラコンチャンプ安楽拓也氏が実際に飛ばない人を飛ばせるように育てている、本物のノウハウです。
この“Perfect Swing Theory”を、本気で実践すれば、あなたも年齢・性別・腕力・身体能力にかかわらず、あっというまに飛距離を伸ばせるでしょう。

 

1、2、3というリズムに合わせて、左、右、左と下半身の体重を移動させるスイングです。
これはノウハウの中でも肝となるスイングとなりますので、しっかりと実践してみてください。この理論を正しく実践したならば、その効果をすぐに実感できることでしょう。

 

安楽拓也“Perfect Swing Theory”は難しい理論とは違い、比較的シンプルなものになっているので真似しやすく、体現化しやすい理論となっております。
実践した方は早くて5分から15分以内、遅くて2時間、平均的に30分ほどで変化が出てきます。
「飛距離アップ」に特化しているだけではなく、年齢・性別・身体能力に関係なく、力を使わずに、だれでもやさしく飛ばす方法を伝えているところにあります。
飛距離を伸ばすためのスィング理論は数多くあると思いますが、その中でも実践しやすく、すぐに効果が表れるということが多数の高評価につながっているのではないでしょうか。

 

こういったノウハウはやはり実績のあるプロから教えてもらうことが一番の近道となります。
下記は実績となります。
安楽拓也
ドラコン日本アマチュアチャンピオン
2001年からドラコン競技は始め、数々の大会で上位入賞。
2008年、当時はまだ日本に存在しなかったドラコンプロ第1号としてゴルフパートナーと専属契約を果たす。名実共にドラコン界のトップとなり、現在もドラコン界を引っ張り続けている。

 

数々の実績を残している安楽プロだからこそ編み出せたノウハウをこのDVDの中で余すところなく皆様にお伝えしています。

 

 

飛距離だけではなく方向性も安定するのは2つの理由があると思います。
まず1つ目は、下半身の力を最大限に使い体重移動を行うことでフェイスを合わせる意識も必要なく、真芯で捉えることができるからです。
これはインパクトの瞬間にボールのダイレクションと同じ方向にヘッドが動くことでヘッドがボールを追尾し手が自然とフォロースルーされるため下半身で作った力がヘッドを通じ100パーセント、ボールに伝わるということです。

 

2つ目の理由としては下半身の安定です。
この“Perfect Swing Theory”のDVDの中では下半身が安定するフォームや腰の位置なども解説がありますので試してみるといいのではないでしょうか。日本人は体型や筋力で決して恵まれている人種ではありません。ですがテニスでもゴルフでもそして野球でも日本人のトップスター選手はたくさん存在しています。

 

彼らに共通しているのはフォームの綺麗さそして体の使い方の上手さですね。筋力がなくても身長が低くてもフォームが綺麗で体の使い方が上手ければ少ない力でも大きな力を発揮することができます。この“Perfect Swing Theory”で学べることはまさにそんな感じだと思います。パワーじゃなくて技術でパワーを補う方法なのです。

 

“Perfect Swing Theory”では足と手の連動や体重移動を意識しながら体の中で最も強い力を生むことができる足の力をうまくボールに100パーセント乗せる方法が紹介されています。
何といっても、安楽プロが長年考え続けた「全身の力をインパクトで一点に集めるノウハウ」を実践できるのは大きな収穫となるでしょう。

 

上半身はリラックスし下半身は意識しながらスイングをするので、飛距離だけではなく方向性という面でも効果を期待できます。本物のスイングが身についておらず、上半身を主に使っている人や体重移動などがうまくできない人は特に、おすすめです。簡単に飛距離を伸ばすことができると思います。

 

また下半身が安定してくると、飛距離だけではなく方向性も安定してきますので、グンとスコアも上がることでしょう。なので、飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。

 

ゴルフはただ強くスイングすればボールが遠くへ飛ぶ、というわけではありません。また、遠くに飛ばすには、筋肉を鍛えればいいという単純なことでもないのです。飛距離が伸びない原因には、様々なことが関係しています。痩せていても遠くに飛ばせる人はたくさんいますよね?

 

ほんのちょっと、あるコツを取り入れるだけで、飛距離がアップするテクニック。“年齢”、“経験”、“体力”に関係なく今よりも「飛ばすスイング」をものにできます。実際に、力の弱い女性でも、70歳以上の方でも、以前より飛ばすことができました。性別関係なく、さらに年齢を重ねても飛距離を伸ばしたいというのは誰もが願うことではないでしょうか?

 

ボールを遠くまで飛ばせるようになれば、スコアが上がるだけでなく、ゲーム中でも自信を持つことができますよね。
練習すればするほど、うまくボールを運ぶことができ、自信がついてきます。逆に、きちんとしたスイングを知らなければ、いくら練習しても何も身につきませんよね。また飛ばない人は飛ばないスイングを繰り返すことで余計飛ばなくなります。せっかくここまで積み上げてきたものがあるのに、自身喪失してしまってはもったいないです。

 

スコアが伸びれば、コースでも勝つことができます。ゴルフコースに出てから、毎回ラフやバンカーに入ってしまう、、、なんて、嫌ですよね。
そんなことでは、やる気も自信も失せてしまいます。あなたのすばらしいショットで仲間たちを驚かせてみませんか?
時間を無駄にしないためにも、スイング理論を習得してみてください。なかなか飛ばないということもすぐに改善することができます。

 

飛距離が伸びれば、スコアアップにつながります。ゴルフのスコアアップの近道は、
なんと言っても正しいスイングを身につけること。
無意識レベルまで動きを染み込ませること。
このプロセスを徹底できるのがこちらの安楽拓也“Perfect Swing Theory”なのです。

 

このノウハウを地道に続けていさえすれば、正しいスイングが身につき、自信を持てるようになります。あなたも、飛距離をぐんと伸ばすことができます。

 

 

また、前作を超える飛ばしの理論“Perfect Swing Theory2”も発売されました。

 

 

さらにパワーアップした内容で、前作よりももっと飛距離がアップするある方法を学ぶことができます。
たとえ、あなたが70歳過ぎのゴルファーでも、わずか5分の練習で20〜70ヤードの飛距離アップが可能になるゴルフスイング理論です。

 

内容を実践して飛距離や方向性に効果が実感できなかった場合はお金が戻ってくる返金保証も付いているのでじっくりとノウハウを検証し成果があればそのままお持ちいただき、成果が出なければ返金すれば金銭的なリスクがないですよね。

 

購入者のご感想です。

「スイングの構え方もシンプルで、頭の位置も固定ではなくトップの位置もそこまで意識しないで打つというのは他の商品のやり方と比べると随分ユニークでした。」
「上半身に力が入らなくなりリラックスした分、スライスをしなくなりました。」
「自分では20うヤードは飛ぶようになったっと感じました。」

あなたもそうだと思いますがやはり上半身に力が入っていたり全体的に力んでしまうとどうしてもスライスがかかってしまいますよね。
しかし上半身はリラックス状態で足を意識し体重移動を意識するだけでここまでレーザービームのような球筋になるところがすごいですよね。
ボールを遠くに飛ばせる人なのでこのように実績のある人から正しい理論を学ぶことは間違っていないと思います。

 

このノウハウを実践する方で、70歳を超えた方も何人かいらっしゃったみたいですが、みなさま以前より飛ばせたと、その効果を実感していただいております。
安楽理論で、年齢や体力の低下に沿ったスイングを身に付ければ、ゴルフの成長を一生楽しむことができるでしょう。

 

ぜひ、1、2ともにご覧いただき、あなたにも自信をもっていただきたいと思います。本物の飛ばしの理論に個々の才能や身体能力は意味をなしません。ぜひ安楽プロのノウハウを実践し、“飛ばす快感”を味わってみませんか?

 

皆さまのゴルフライフがさらに楽しくなることを願ってます。

 

さらに詳しく、安楽拓也を知るには、こちら

page top